日本橋川沿いの防護柵
   
東京都千代田区と文京区の境界にある小石川橋で神田川から分流し南東へ流れ、中央区の永代橋付近で隅田川に
合流する。  
ほぼ全流路に渡って首都高速道路の高架下を流れている。JR飯田橋駅西口近くで神田川から真南に分岐し、
直後に首都高速5号池袋線の高架下に入る(写真2)。靖国通りと交差後、南東方向に流れを変える。
雉子橋周辺では皇居の内堀(清水濠)に30mまで接近する。直後に首都高速都心環状線の高架下となる。
川面が開けるのは、日本橋を通過後、亀島川が分岐してから河口に至る僅か500m弱でしかない。
 (Wikipedia「日本橋川」より)
   
  三崎橋
   新三崎橋
  あいあい橋 
  新川橋 
   堀留橋
  南堀留橋 
  俎橋 
   宝田橋
  雉子橋
  一ツ橋
   錦橋
  神田橋
  鎌倉橋 
  新常盤橋
  常磐橋
   常盤橋
  一石橋
   西河岸橋
  日本橋
  江戸橋
  鎧橋
  茅場橋
湊橋
  豊海橋
   
inserted by FC2 system