北十間川を歩く
  北十間川(きたじっけんがわ)は、墨田区と江東区内を流れる総延長3.24kmの河川で、西の隅田川・浅草の対岸付近と、東の江東区と江戸川区の区境を流れる旧中川とを繋いでいます。



北十間川の名称の由来は、本所の「北」を流れる川幅が「10間」の川であることからで、以前は大横川の分流点より西を源森川(別名源兵衛堀)、東を北十間川と言いました。
江戸時代、明暦の大火後の本所開発の一環として、源森川は材木輸送のため万治年間に、北十間川は農業用水のため1663年(寛文3年)に開削。当初両川は繋がっていたが、隅田川増水時の洪水被害が著しく、1672年(寛文12年)には間に堤が築かれ、分断されました。
1885年(明治18年)に住民の要請で源森川と北十間川が再び接続、これにより旧中川と隅田川が最短距離で結ばれることとなり、業平橋駅で鉄道貨物とも連携して下町の物流に重要な役割を果たしましたが、戦後舟運は衰退して水運の役目はほとんど果たされていません。(Wikipedia「北十間川」より)

北十間川沿いの押上には東京スカイツリーができ、川沿いを歩く機会も増えたのですが、全流域を歩いたことがなかったので今回東の旧中川側から歩いてみることにしました。
   
 1.旧中川合流部〜境橋  
 2.堺橋〜東武橋  
 3.東武橋〜隅田川合流部  
   
   
inserted by FC2 system