大横川を歩く
大横川は墨田区、江東区を流れる川(運河)で、東京スカイツリーの西側で北十間川から分かれて南に向かい、木場公園の南側で西に向きを変えて隅田川に合流しています。
  大横川は、明暦3年(1657)の大火(明暦の大火)後の本所深川開発に伴い、舟運と排水を目的として、万治2年(1659)本所奉行の徳山五兵衛重政・山崎四郎左衛門重政により開削されました。
 江戸城から見て横に流れるので、大横川・横川と呼ばれました。また、竪川を境として北側を北横川、南側を南横川ともいい、さらに小名木川より南は、元禄8年(1695)亥年に開削されたため亥の堀(いのほり)とも別称されました。
 昭和40年の河川法改正により、木場5丁目から西へ向かい隅田川へ注ぐ旧大島川を含み、現在では、延長7.11kmの一級河川となっています。(江東区設置の説明版より)
 
   1.北十間川〜JR総武線高架
   2.JR総武線高架〜三石橋
   3.三石橋〜平木橋
   4.平木橋〜大島川水門
   
   2011年9月2日作成
inserted by FC2 system