横十間川を歩く
 横十間川は江東区亀戸と墨田区業平の境界で北十間川から分かれ南へ流れ、江東区と墨田区の区境を南に向かい、小名木川と交差したのちは横十間川親水公園となり、東陽町で西に向きを変え木場公園の東で大横川と合流しています。
江戸時代の初めに開削され、江戸城に対して横に流れ、川幅が十間(18m)あったことから横十間川と呼ばれたと言われています。
 
   1.北十間川〜松代橋
   2.松代橋〜北砂橋
   3.北砂橋〜大横川合流部
   
   2011年9月30日作成
inserted by FC2 system